「健康教育」と「食育」

私たちの身体はすべて、今まで食べたものからできています。
つまりそれは、未来の私たちの身体も、
これから食べるものによって作られていくということなのです。

しかし、テレビ・雑誌などで健康に関する情報が溢れる世の中では、
やみくもに身体に良いと言われるものを食べたり、
実は自分に合っていないものや食べ方を生活に取り入れていたりして、
健康が改善されないという方が多くいらっしゃいます。

その原因は何か?

それは、今までの学校教育や学びの場において、
  • どうしたら健康に生きていけるのか?
  • どうしたら病気にならずに過ごせるのか?
という教えを受けてこなかったからです。

健康を実現するために、自分にとって何が一番必要なのかという情報を、
選別する力を身につける教育 、
それが健康教育としての健康・食育マスター講座「食育の答」なのです。


「食育」は食の教育です。しかし、単に食の知識だけを身につけていても健康にはなれません。
健康教育に含まれる「食育」

私たちの考える「健康教育」には、
もちろん食の教育である「食育」も含まれています。
日々の食事でも、
食に関して考えなければいけないこと、
知らなくてはならないことが沢山あります。

しかし、健康の実現には、食と身体の関係や
メンタルの問題、社会環境なども含め、
広い視野で物事を捉え、
自分自身で問題に気付くことが必要なのです。

毎日のことだからこそ、自分にとって何が一番必要なのかという情報を、
選別する力、正しい判断をする力こそが重要なのです。

健康・食育マスター講座とは

食の知識から健康のノウハウまで、食・健康分野に携わる人にとって必要な知識を総合的に習得することができます。楽しく健康に生きていくためには幅広い知識が必要となります。
本講座には、10年以上の健康と食に関するカウンセリングの現場を通じて2万人以上もの人々の疑問や悩みに耳を傾けてきた経験が凝縮されています。
本講座は単なる知識だけを学ぶのではなく、病気にならない、いつまでも健康であるための実践的な答えをカリキュラム化しました。だからこそ、正しい判断力と実践力(知恵)が身に付きます。

ロゴマークの説明


伝える・貢献する人材の育成

シニアマスターを育成し、食を通じて社会に貢献する人材育成を目指します。

講座ステップ図…ジュニアマスター【知る、学ぶ】→シニアマスター【教える、伝える】


カリキュラムはこちら

ページの先頭へ戻る